Git

Gitを初めの一歩だけ【コマンド3つ】

更新日:

こんにちは、Shinyaです

今回はGitの本当に初めの導入部分だけ一緒にやっていきましょう

詳しく説明して難しく感じるくらいなら、大まかに話してざっくり掴む方がいいと思ってるので、簡潔に覚えることを最小限に説明していきます!

Gitとは

ファイルの変更内容を管理するツール

プログラミング言語ではない

Gitは難しく感じて当然

Gitを始めた人は誰しも難しく感じます

その理由は

  • 用途が分からない
  • 機能が多く便利な分、コマンドも多い
  • 概念が多く想像力がいる
  • 結局使っていかないと理解できない

などがあると感じます

Gitでできること

いくつかありますが、一番大事なのは

ファイルの変更履歴の保存

ができること

今回は変更履歴の保存について本当に手始めのとこだけ見ていきます

ここまでのまとめ

Gitはファイルの変更内容を管理するツールであり、
メインの機能はファイル変更履歴の保存

変更履歴の保存

では、変更履歴の保存の仕方を見ていきましょう

変更履歴の保存の手順には3つのコマンドを使います

変更履歴保存するためのコマンド3つ

  1. git init
  2. git add
  3. git commit

Gitインストール

まずGitをインストール方法を紹介しておきます

Progateの記事にGitのインストール方法がOS別にまとめられています

めちゃくちゃ丁寧で信頼性も高いのでインストールまだの人はぜひ参考にしてください

【Windows】Gitの環境構築をしよう!
【Mac】Gitの環境構築をしよう!

フォルダをGit管理対象にする(git init)

まずGitで管理したいフォルダに移動します
(=現在地をGit管理したいフォルダにする)

例:デスクトップにあるtestというフォルダをGit管理したい場合↓

C:\Users\owner\Desktop\test>

移動できたらgit initコマンドで現在いるフォルダをGit管理対象にできます

> git init

例:testフォルダをGit管理対象にする

C:\Users\owner\Desktop\test>git init
Initialized empty Git repository in C:/Users/owner/Desktop/test/.git/

git initで「Gitの管理対象にする」と言いましたが、実際にはこの操作でローカルリポジトリを作っています

ローカルリポジトリとは変更履歴を保存しておくフォルダです

git initした後にはフォルダ内に .git というフォルダができています

例:testフォルダでローカルリポジトリを作った場合

これがローカルリポジトリです

Gitコマンドで変更履歴を保存する(git add&git commit)

ローカルリポジトリができれば、下準備はOKです!

次は変更履歴を保存しましょう

具体的には、作成・編集したファイル内容をローカルリポジトリに保存するだけです

ただし、保存するには2つのステップを踏む必要があります

その際1ステップにつき1コマンド、つまり計2つのGitコマンドを使います

1.git add

一つ目のコマンドはgit addです

git addを使うと作成・編集した任意のファイルをインデックスに登録することができます

インデックスを簡単に解説します

インデックスは目次という意味ですが、Gitにおけるインデックスもその通りで、これからローカルリポジトリに保存するファイルのリストを記録する場所のことを指します

git addコマンドでは、作成・編集したファイルを全て、または一部分だけインデックスに登録することができます

ファイル全てを登録↓

> git add .

任意のファイルを登録↓

> git add [ファイル名]

例:sample.txtを作成・編集してgit addする

testフォルダ(Git管理対象)でsample.txtを作成し、「あいうえお」と入力

git statusコマンドでインデックスの状態を確認してみる

まだgit addでインデックスに登録していないので、sample.txtがuntracked(未追跡)と言われている

C:\Users\owner\Desktop\test>git status
On branch master

No commits yet

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
        sample.txt

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

git addでインデックスに登録して、git statusで状態を確認する

sample.txtがChanges to be comitted(これからコミットする変更内容=インデックス)にnew file(新しいファイル)として登録されていることが分かる

C:\Users\owner\Desktop\test>git add sample.txt

C:\Users\owner\Desktop\test>git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
        new file:   sample.txt

2.git commit

履歴を保存したいファイルをインデックスに登録できたら、後はローカルリポジトリに保存するだけです

この操作にはgit commitを使います

git commitには編集内容を示すメッセージをつけるのが一般的です

付け方は以下の通りです

> git commit -m "[メッセージ]"

git commitで保存した履歴ひとつひとつをコミットと呼びます

ローカルリポジトリにはコミットがどんどん溜まっていくので、メッセージをつけることで内容が一目で分かるようにします

例:git addでインデックスに登録したsample.txtをgit commitする

メッセージに"add_some_sentence_to_sample"と内容を記してgit commitする

C:\Users\owner\Desktop\test>git commit -m "add_some_sentence_to_sample"
[master (root-commit) 37e300e] add_some_sentence_to_sample
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 sample.txt

git logコマンドでコミットを確認するとメッセージ付きでコミットが保存されていることが分かる

C:\Users\owner\Desktop\test>git log
commit 37e300e7fd36c4359778b589d09960fb2d0d3ae7 (HEAD -> master)
Author: shinya 
Date:   Sun Apr 5 12:02:25 2020 +0900

    add_some_sentence_to_sample

ちなみにコミットにはIDが振られており、このコミットのIDは37e300e7fd36c4359778b589d09960fb2d0d3ae7

sample.txtに追加で編集を加えてもう一度コミットまでしてみる

C:\Users\owner\Desktop\test>git add .

C:\Users\owner\Desktop\test>git commit -m "add_another_sentence_to_sample"
[master 6936f86] add_another_sentence_to_sample
 1 file changed, 2 insertions(+), 1 deletion(-)

add_another_sentence_to_sampleというメッセージ付きのコミットが保存できた

git logで確認してみると、二つ目のコミット(ID:6936f86e28484840d79057e7027b3a31cc2c6804)も保存されていることが分かる

C:\Users\owner\Desktop\test>git log
commit 6936f86e28484840d79057e7027b3a31cc2c6804 (HEAD -> master)
Author: shinya
Date:   Sun Apr 5 12:16:20 2020 +0900

    add_another_sentence_to_sample

commit 37e300e7fd36c4359778b589d09960fb2d0d3ae7
Author: shinya
Date:   Sun Apr 5 12:02:25 2020 +0900

    add_some_sentence_to_sample

変更履歴の保存の仕方まとめ

  1. git initでローカルリポジトリ作成しgit管理対象にする
  2. git addでファイルをインデックスに登録する
  3. git commitで変更内容をローカルリポジトリに保存する

使わないとメリットが分からないと思いますが、初めの一歩としてはとにかく
Gitはファイルの変更履歴を保存できる
と覚えておいてくださいね

これはGitの序の序の序の口ですが、一番大事なところなので理解できれば非常に大きな進歩です

難しいと思いますが少しずつ理解していきましょう!

それでは、また

-Git
-

Copyright© 初心者のためのプログラミング独学ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.