Ruby

uruでRubyバージョンを切り替える【Windows】

投稿日:

こんにちは、Shinyaです

Windowsユーザーで「Rubyのバージョンを簡単に変えたい」と思ってる方

今回はuruというプログラムを使ってRubyバージョンを変える方法を紹介していきます

Rubyを複数バージョンインストール

uruにRubyのインストール機能はないので、まず使いたいRubyバージョンをインストールしておく必要があります

すでに何かしらのバージョンを使っている場合はもう一つ以上追加でインストールしましょう

Windows用のRubyのインストールはRuby Installer for Windowsというサイトからできます

Ruby Installer for Windowsのアーカイブページ

(Macならrbenvの機能を使ってインストールできますね)

ページにはRubyのバージョンが大量に並んでおり、Ruby+Devkit Installers, RubyInstallers, Archives, ...とカテゴリーのようなものが分かれています

これらはインストールの方法と考えてよいです

実は同じバージョンでもインストールする方法がいくつかあります

以下の3つを説明していきますね

  • Ruby+Devkit Installers
  • RubyInstallers
  • Archives

なお、x64は64bit対応、x86は32bit対応という意味です

1.Ruby+Devkit Installers

Rubyのインストールが初めてという方はこちらを使うと良いです

なぜかというとRubyを使うためにMSYS2というDevkit(Development kit)が必要だからです

ただし、MSYS2は複数のRubyバージョンで共有できるので環境に一つあれば良いです

MSYS2を共有して使うためにはこのようなフォルダの配置が良いようです
(参考:RubyInstallerのFAQ-"Can I share one Devkit for multiple Ruby versions?")

だから初めてのインストールなら+Devkitを選びましょう

手順としてはインストーラー(インストールするためのプログラム)をまずダウンロードして、次にインストーラーを実行し、Ruby本体をインストールすることになります

2.RubyInstallers(without devkit)

こちらはRubyをすでにインストールしており、MSYS2もインストールされている方が使うと良いです

手順は+Devkitと同じで、インストーラーを使用する形になります

3.Archives

こちらは7-Zipという圧縮・展開ツールをインストールしている方が使える方法になります

圧縮されたRubyをダウンロードしてきてローカルで展開する手順になります

インストールに要する操作が少ないのでインストーラーを使用するのに比べてとても楽ちんです

なお、MSYS2はインストールに含まれていません

パスを通す?

「Rubyを複数バージョンインストールしたはいいけど、パスはどうする?」という疑問があるかと思います

結論を言うと、パスは一つのバージョンにだけ通っていれば良いです

ちなみにWin10の場合、パスは

  1. 「winキー+Q」で変なウィンドウを開いて
  2. 「環境」などと入力し「環境変数を編集」を選び、コントロールパネルを開き
  3. 「Path」のうえで「Alt+E」で編集し始めることができます

マウス操作は必要ないので覚えると便利です

uruインストール

Rubyがインストールできたら次はuruをインストールします

uruのダウンロードページ

Windows用のをダウンロードして、7-Zipで展開します

保存場所はパスを通せればどこでも良いです

僕はデスクトップに置きました

パスを通したらコマンドプロンプトで

uru_rt admin install

これで準備が完了しますので、次はuruにインストールしたRubyを登録していきます

uruの使い方

以下のコマンドでuruのバージョン切り替え機能の対象にすることができます

uru admin add C:\Ruby26-x64\bin --tag Ruby26

C:\Ruby26-x64\binの部分は自分のに合わせてください

--tag [名前(呼び名)]とオプションでバージョンごとに名前を付けることができます

分かりやすい名前を付けるといいかと

なお、パスが通っているバージョンは以下のコマンドで登録できます

uru admin add system

登録済みのRubyバージョンを確認するには

uru ls

バージョンを切り替えるときは

uru [バージョンの名前]

登録したバージョンを解除するときは

uru admin rm [バージョンの名前]

以上がuruでRubyバージョンを切り替える方法でした

Mac勢にWindowsでも開発できるところを見せていきましょう(笑)

それでは、また

-Ruby
-

Copyright© 初心者のためのプログラミング独学ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.